まっしゅ

記事一覧(9)

公職選挙法について

こんにちは!まっしゅです。本日は、公職選挙法について記載します。政治家の方とお会いした際に、ほぼ100%の確率で口を酸っぱくして言われるのが、この公職選挙法についてです。では、そもそも公職選挙法とは何なのか説明させていただきます。衆議院議員、参議院議員ならびに地方公共団体の議会の議員、首長を公選するための選挙について定めた法律で、公選法と省略して呼ばれることもあります。もっと分かりやすく言うと仮に選挙で当選していても、この公職選挙法を違反してしまうと強制的に無効となり、失い職を失うことになります。また、1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処されます。具体的な事例としては、そもそも選挙区内の有権者に対する一切の寄付が禁止されている為、招かれた結婚式で祝儀を出すことや、葬式で香典を手渡すこと、お中元やお歳暮を送ることが禁止されてしまいます。次に、事前運動の禁止と呼ばれるものがあります。選挙運動は、候補者の届出があった日から選挙期日の前日までしか許されていません。その為、限られた期間以外で電話や戸別訪問は一切禁止されております。他にも、以下のような事例も公職選挙法の違反となります。『少し手伝ってもらったから、候補者が夕飯をみんなにごちそうした』『手伝ってもらった人に候補者の妻がアルバイト代を渡した』 『お世話になったからと、以前に別の人から頂いていた商品券を渡した』また、中には一般人が公職選挙法の違反により逮捕されるケースもあります。例えば、『ポスターの破損』、『拡声器などによる選挙活動の妨害』などが挙げられます。しかし、基本的には悪質な行為をしない限りは逮捕に至るケースは殆どありません。2013年にネット選挙が解禁されて以来、一般人のSNS上の投稿内容にも多少制限が設けられるようになりました。例えば、『◯◯候補は良いよね~』とか、『◯◯候補を見た!』といった投稿であれば特に問題は無いのですが、『◯◯候補に一票入れてください!』とかってたまに見かけるのですが、あれも立派な公職選挙法の違反です。また、当たり前かもしれませんが、虚偽の内容をSNS上でつぶやくことも違法です。この場合も1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処されることがあります。SNSが普及している現代社会だからこそ、被選挙者は当然、有権者も立場上例えばTwitterのリツイート一つでも有罪と判決される可能性があることを肝に命じておく必要があります。以前、政治家との距離について述べさせていただきましたが、実際のところはやはり、法律という分厚い壁が障壁となる場合も多く存在していることを我々も知る必要があると感じました。もちろん、今回述べさせていただいた内容がすべてではありませんので、他にも重要な気付きなどあれば随時お伝えさせていただければと思います。※引用元 http://getnews.jp/archives/455346

振り返り

こんにちは!まっしゅです。2名の現役市議会、区議会議員の方と、市議会議員立候補者の計3名とお会いしたうえで振り返りをします。突如、何かに駆り立てられたように議員の方とやり取りをするようになり、今日で1週間が経過しました。そこで、私が感じたことは①政治家に志望して議員になった人が意外と少ないということ②政治家が世の中に与えられる影響には限界があるということ③選挙活動は甘くないということ以上の3点です。とはいえ、未だ限られた人たちとしか接点を持っていないのでご了承ください。では、順を追って説明させていただきます。①政治家に志望して議員になった人が意外と少ないということこちらに関しては、私が出会ったりお話を聞いた限りでは1人も志望したという人はいませんでした。ただ、共通点として感じたことが政治関係者から逆に声をかけられるケースが多いということです。例えば、民間企業でたまたま政治家と関わる機会があって、秘書や政治家にならないかと言われ、立候補するケースです。他には、既に政党に属していたから、政治塾を通じて政治家と関わるようになった方もいたりと必ず、政治というものに選挙へ出る前からなにかしらの接点を持っているということでした。②政治家が世の中に与えられる影響には限界があるということここで言う影響とは、政治家自身が世の中の為を思った政策を実行することを意味しています。色々な方からお話を伺った際に、市議会、区議会議員は区のため、市のため政策を提案し、実施することが国会に比べると可能だと伺いました。但し、あくまでも政策は有権者からの支持を一定数以上獲得する必要がある為、例えば、障がい者向けのアプローチを行うにしても、マイノリティであればあるほど議員という立場に立つことはなかなか難しいということです。やり取りさせていただいた方の中には、逆に民間企業で勤める方が自由に、自分の信念に沿った形で社会にアプローチすることができると言われる方もおりました。まさしく、その通りだなと感じました。あとは、影響を与える矛先や、大きさが企業によってピンからキリまでということですね。③選挙活動は甘くないということ当たり前だと思っていた項目なのですが、政治に関わる方々と話をしたなかでより一層強く感じるようになったのがこの項目です。御存知の通り、政治家には立場問わず定期的に選挙活動が行われます。そこで、一定数以下の投票しか得られなかった立候補者は落選し、職を失います。私が話を聞いた議員の方で落選した経験がある方はすぐに秘書としてお声がかかった為、生活に不自由したといった話は聞きませんでしたが、人によっては家庭のある人だってもちろんいるので、家族でどん底に落ちるようなケースだって稀ではありません。多くの方が、家族の理解を得ることが大変だと仰る理由はそこにあります。実際に、私が色々な政治関係者にアプローチした際にも、当日キャンセルになることはもちろん、後援会へ招待されて年会費を支払うもののそこから音信不通になるようなケースすらありました。決して高い金額では無いにせよ、そういった問題ではなく如何に必死で後援会の拡大に注力し、次の選挙に備えているかを感じました。以上が今回までのインタビューや選挙活動に参加してみて感じたことです。多少、ネガティブな表現も含まれておりますが、これが逆にリアルなのかなと思いました。そんな泥臭く、生き残りをかけた世界であるにも関わらず、メディアは揚げ足を取るような行動をして世間には違ったイメージを刷り込んでいる今の社会の縮図だとすら感じずにはいられませんでした。インタビューでお会いするスケジュールも、ここにきて底をついてしまいました。再度、今後のアプローチ方法を試行錯誤します。引き続き、宜しくお願いいたします。

政治家との距離

こんにちは!まっしゅです。本日は、政治と25歳未満の若い世代との距離について書かせていただきます。私が政治家を志すようになって、まず最初に行なったことは、東京都内で勤める、現役の政治家の方々にメール、Facebookを通じて連絡を取り、インタビューさせていただく日程を調整することでした。12月5日より、お送りしたメールの総数は61件、Facebookの友達申請は165件です。結果、返信があったメール件数は13件(約21%)でした。友達申請が承認された件数が72件(約43%)でした。メールは主に豊島区、立川市、世田谷区の方々に送らせていただきました。結果は、下記の通りでした。新宿区:1名豊島区:2名立川市:3名世田谷区:7名 そして、詳細は下記の通りです。日程調整済み:3名日程調整中:8名日程調整不可:2名やはり政治家の方たち想像以上に多忙なので、平日仕事をしている私と日程を合わせることがとても難しいです。ですが、皆様やはり太っ腹で土曜日、日曜日でさえも積極的にご提案くださる方もいます。中には、ご年齢の関係上もっと若い方にアプローチするべきだと言われる方もおりました。Facebookの申請に関しては、165件申請をお送りしたうち、72件の承認をいただき40%以上の確率で承認されました。Facebook上でのやり取りは未だこちらから行ってはおりませんが、SNS上でも変化が見られるようになりました。【友達かも】で表示されるアカウントが政治関係者で埋め尽くされるようになり、タイムラインも現在、政治家の方々の投稿でビッシリと埋まっております。また、◯◯大学の教授や某番組のディレクターなどから友達申請やメッセージが届くようになりました。そんな中、今日はいよいよ初インタビューです。緊張しますけど、明日また更新する予定なのでどうぞ宜しくお願いいたします。